スポンサードリンク

バナー原稿imp

植物発酵エキス健康食品7年連続NO1

乳酸菌と酵素は加熱に弱い?

酵素の加熱

乳酸菌や酵素は加熱に弱いため、調理方法や摂取方法を間違えると意味がない場合があります。

 

ただし熱に弱くても乳酸菌には消えない効果があります。生菌と死菌の関係を見ながら腸内環境のための働きをみて行きましょう。

酵素は熱に弱い?

 

酵素によって違う場合もありますが、一般的な酵素はおよそ48℃から60℃で変質し、効力がなくなると言われています。野菜に含まれる酵素がなかなか体に入って行かないわけは、生で食べないといけないという点にあります。そして、市販の酵素ドリンクは食品衛生法により63℃での加熱殺菌が義務付けられています。

 

加熱処理をしなければ発酵により瓶が割れてしまう恐れもあるので、加熱殺菌を余儀なくされているという事です。しかし、メーカーによっては70℃まで働くと言われている酵素を使っている所もあるようです。色々な酵素ドリンクが販売されているので、自分に合うものを選択するには見極める力も必要だといえます。

 

酵素がもたらす効果!

    ダイエット効果

  • ダイエット効果(消化酵素の消耗をふせぎ、代謝UP!)
  • 体質変化(代謝が上がり痩せやすい体へ)
  • 疲労回復(酵素が増えて新陳代謝が高まるので)
  • 頭脳明晰(脳の活動をサポートする酵素も増える)
  • アレルギー体質改善(酵素により免疫力UP!)
  • アンチェイジング(新陳代謝が活発になるので)

乳酸菌は熱に弱い?

 

乳酸菌も加熱により死滅します。60℃ならば30分、100℃なら数秒が限界と言われ、ヨーグルトや乳酸菌飲料などすべてにおいて、その処理がされています。味噌やキムチの乳酸菌も味噌汁や鍋で死滅してしまうので、味噌汁の味噌は火を消してから入れるという教えは乳酸菌や酵素を取り入れるための知恵であったとわかります。

 

乳酸菌が熱で死滅した場合、死菌でも腸の中の悪玉菌を排出される効果は残っているそうです。生きている生菌は善玉菌を増やし悪玉菌を退治する働きがあるので、両方を上手に利用する事が体にとって重要なのです。

 

乳酸菌がもたらす効果!

    便秘解消

  • 便秘予防・便秘解消
  • 血糖値の上昇を抑制
  • コレステロールの排出
  • 血圧を低下させる
  • アレルギー体質改善(花粉症・アトピー)
  • 肌荒れ改善

牛乳に無くてもヨーグルトにはある理由

 

乳牛

同じ乳製品であるのに、牛乳には乳酸菌は入っておらず、ヨーグルトにのみ入っているのはどうしてでしょうか?牛乳は一部の低温殺菌牛乳を除き、品質保持の為に殺菌処理がされています。牛乳パックにも明記されているように「130℃で2秒」など確認できると思います。

 

一方、ヨーグルトは牛乳と同じように殺菌され、菌類が死滅した状態になります。しかし、菌の種を人為的に入れる事で、乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べる事が可能になったのです。

 

そして、医薬品やサプリメントの乳酸菌は眠った状たでキープされ水や栄養が入ると目覚めるのです。凍らせておいても、休眠状態になるだけで乳酸菌は死滅せずにすむという事もわかりました。

酵素と乳酸菌がいっきに手に入る酵素ドリンク

 

乳酸菌と酵素は私たちの体で重要な役割を担っています。手作りの酵素ドリンクは、酵素も乳酸菌も体に取り入れられる魅力的なアイテムです。

 

 

市販の酵素ドリンクの中にも、乳酸菌が入っているものもあります。さらに、ヨーグルトに酵素ドリンクを混ぜて飲む事で、酵素と乳酸菌を一気に取り入れる事もできます。ダイエットの味方、健康のサポーターとして、酵素と乳酸菌を味方につけましょう。

 

 

【ホットで飲める酵素ドリンク】ランキング1位

【MREビオス】
全く新しい酵素

希少な天然成分12種類を厳選し、「MRE菌」によって醗酵、分解させてできた酵素です。
しかも、「ほぼ無味・無臭」なので、ニオイや味が気になっていた方におすすめです。

添加物

特徴

内容量

なし

熱に強い

900ml

./

スポンサードリンク