酵素は加熱に弱い?

酵素の加熱

酵素は加熱に弱いため、調理方法や摂取方法を間違えると意味がない場合があります。

 

酵素ドリンクでは加熱処理をしなけれな商品として出すことはできません。そして、酵素サプリでもサプリとして加工する際に、熱を加えなければなりません。しかし、熱に強い酵素や加熱処理してない酵素もあるので見ていきましょう。

 

酵素は熱に弱い?

酵素によって違う場合もありますが、一般的な酵素はおよそ48℃から60℃で変質し、効力がなくなると言われています。野菜に含まれる酵素がなかなか体に入って行かないわけは、生で食べないといけないという点にあります。

 

そして、市販の酵素ドリンクは食品衛生法により63℃での加熱殺菌が義務付けられています。加熱処理をしなければ発酵により瓶が割れてしまう恐れもあるので、加熱殺菌を余儀なくされているという事です。

 

しかし、メーカーによっては70℃まで働くと言われている酵素を使っている所もあるようです。色々な酵素ドリンクが販売されているので、自分に合うものを選択するには見極める力も必要だといえます。

 

酵素がもたらす効果!

  • 体質変化(代謝が上がり痩せやすい体へ)
  • 疲労回復(酵素が増えて新陳代謝が高まるので)
  • 頭脳明晰(脳の活動をサポートする酵素も増える)
  • アレルギー体質改善(酵素により免疫力UP!)
  • アンチェイジング(新陳代謝が活発になるので)

寒い冬でもホットで飲める【熱に強い酵素ドリンク】人気ランキング

 

酵素は熱に弱いので、温めて飲むことができません。しかし、中には、熱に強い酵母菌を使っているので、温めて飲んでも問題ない酵素ドリンクがあります。寒い冬に、ホットで飲んでみたい方は、熱に強い酵素ドリンクをおすすめします。

 

ランキング化にあたって重要視した3つのポイント

  • 熱に強く、ホットで飲める
  • 添加物の有無
  • 効果

 

 

MREビオス

MREビオスの特徴
  • 約125度まで
  • 国際特許取得成分
  • 防腐剤・着色料・無添加

  • 味やニオイがない上にカロリー0。便秘解消・デトックス・花粉症・エイジングケア・美肌効果・アトピー・ニキビ・抜け毛・二日酔い・加齢臭などに効果を発揮します。
    価格 10,286
    評価 評価5
    備考
  • 900ml
  • MREビオスの総評
    代謝酵素をサポート

    ローヤルエンザミン

    ローヤルエンザミンの特徴
  • 耐熱試験121度までクリア
  • 胃酸に強い
  • 低カロリー

  • 美容や健康の源、ローヤルゼリーを配合してあります。ローヤルゼリーと酵素のW配合で、基礎代謝を高める効果が期待できますが、無添加ではありません。
    価格 通常 6,480
    評価 評価5
    備考
  • 600ml
  • ローヤルエンザミンの総評
    果汁をふんだんに使っているので美味しい

    コンブチャクレンズ

    コンブチャクレンズの特徴
  • 熱に強い
  • 2つの酵母菌を使用

  • 燃焼系成分、美容成分が入っているので、燃やしてキレイになりたい人におすすめですが、無添加ではありません。
    価格 通常購入 5,940
    評価 評価5
    備考
  • 720ml
  • コンブチャクレンズの総評
    食物繊維は、オーガニックアガベを使用
    スポンサードリンク